Gmailで同報メールを送信する

  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

一般的にセミナー案内などの同報メールを送る場合は有料のアプリを使うことが多いのですが、ブラウザのChromeを使えばGmailで無料の同報メールを送信することも可能です。少量であれば無料で行えるのでとても便利です。今回はGmailとGoogleスプレッドシート、Chromeのアドオンを使い同報メールを送信する方法をご紹介します。




Chromeアドオン「Yet Another Mail Merge」を入れる

Gmailで同報メールを行う場合は、Chromeのアドオンである「Yet Another Mail Merge」を使います。
Chromeのアプリストアで「Yet Another Mail Merge」を検索してアドオンしてください。
検索で見つからないようであればこちらから。

スプレッドシートに送信用リストを作る

同報メールはGoogleスプレッドシートに作ったリストを元に行われます。

①スプレッドシートの「アドオン」から「Yet Another Mail Merge」を選択し、「グループから連絡先をインポート」を選択する。

②「Google Contacts」を選び、Gmailの連絡帳リストの中から該当のラベルを選択する。もし、ここにリストがない場合はGmailの連絡帳に移動し、選択したアドレスにラベルを設定する。

グループが選ばれるとスプレッドシートに反映されていく。中には意図しない形で名前が分割される場合があるので、セルの値を修正する。1行目は変数になります。

同報メールの本文を作る

送信する本文をGmailで作ります。作成したメールはそのまま下書きに残しておきます。スプレッドシートにある値を自動で置き換えることも可能です。

①Toは空にしておく。

②送信相手の会社名や名前を自動で置き換えるには変数を使う。変数はスプレッドシートの1行目のものです。例えばフルネームなら「Full Name」、会社名であれば「Company」です。
変数として使用する場合、メールの中で{{変数名}}にする必要があります。

変数を活用することで個別での文言を入れることが可能です。

メール送信を行う

リストとメールの雛型ができたなら送信テストと本送信を行います。

①スプレッドシートの「アドオン」から「Yet Another Mail Merge」を選択し、「メールマージを開始」を選択する。

②上記画像が出てくるので、気にせず「continue」をクリックする。

③送信者の名前を入れ、準備した下書きを選択する。

Gmailに複数のアカウントを登録している場合、「+alias,filters,〜」をクリックし、送信元に間違いがないかを確認する必要があります。また、「Track emails opened, clicked or bounced」にチェックを入れておくことで、メールの開封やリンクのクリックの有無も確認することができます。

④テストメールを送信する。問題がなければ本送信を行う。

一日50通という制限もありますが無料で同報メールを送信することができるので、個人でセミナーの案内などをしたいと思った場合に便利です。まあ、有料でアプリを使いたくないという人にはオススメです。




About ash-d 38 Articles
広告代理店や飲食業を経てECへ。その後ウキウキワクワクしながら独立、フリーでアクセス解析やリスティング広告運用代行、ホームページ制作もはじめました。 小さい子供の相手をしながら、いろいろなことをマーケティング(特にツール系の)備忘録でまとめます。 最近はスーパードラマチャンネルやFOXのドラマにどハマり中で、「Scorpion」「Walking Dead」が面白いです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*