Yahoo!スポンサードサーチのリンク先URLにパラメータを設定する

  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Googleアナリティクスでは訪問時のURL情報でメディアや参照元などが適切に分類されていなければ、正しい解析を行うことはできません。Yahoo!経由の訪問ではそれが自然検索による訪問なのか、それともスポンサードサーチ経由であるのかを理解する必要があります。
そこで正しく分類できるようにトラッキング用のURLにパラメータを設定する方法を今回はご説明します。

スポンサードサーチで設定したいパラメータ

Googleアナリティクス(GA)ではサイトへのURLにUTMパラメータの設定をすることで正しく分類することができます。Yahoo!経由の訪問では自然検索でも有料検索でも参照元は「yahoo」となります。
ここで分類を正しくするためにURLにパラメータを設定すればいいのですが、自然検索で出てくるリンクにはパラメータを設置することはできません。厳密に言えばパラメータつきのURLをインデックスさせれば不可能では無いのですが、その場合Googleにも同じパラメータでインデックスされてしまうのでデメリットしかありません。そういう意味でもパラメータを設定するにはスポンサードサーチに設定する方が良いです。

スポンサードサーチ広告のURLにパラメータを設定することで、メディアやキャンペーン、そして検索クエリが引っかかったキーワードをGAで確認することができるようになりましす。

URLにパラメータを設定する

スポンサードでは広告グループに登録した広告部分にリンク先へのURLが設定される必要があります。

GAで解析するために必要なパラメータは「utm_source」(参照元)、「utm_medium」(メディア)、「utm_campaign」(キャンペーン)が必須で、「utm_term」(キーワード)は任意となります。

スポンサードサーチからのリンクと識別するためのパラメータに設定する値は以下のものです。

utm_source 値:yahoo
参照元。ヤフー経由の場合は有料検索も自然検索も同じyahooになるように小文字にします。

utm_medium 値:cpc
メディア。クリック単価型の広告を表すものがcpcです。

utm_campaign 値:任意のキャンペーン名
キャンペーン。スポンサードサーチのキャンペーンがわかるようにします。

utm_term 値:{keyword}
キーワードの自動挿入を使うことで、検索クエリにひっかったキーワードが自動でここに入ります。

広告に最終URLを設定する

広告をクリックした際に着地するランディングページの最終URLを設定します。PCとスマホのURLが違う場合はそれぞれにURLを設定します。

lurl

ECなどのASPの場合、レスポンシブではなく自動でスマホ用のページが作成されていることがあります。その際、URLに/sp/などが入りスマホ用が別になっている場合はどちらのURLも設定をしたましょう。
設定が無い場合、リダイレクトが起こり「direct」に分類されることになります。なので正確なデータ計測をするためにはスマホURLが別であれば正しく設定が必要です。

URLオプションを設定する

URLにパラメータを設定する場合、上記の設定で直接URLにパラメータを追加しても問題なく機能しますが、URLオプションを使った方がスッキリして良いでしょう。

カスタムパラメータ

トラッキングURL
最終リンク先URLを挿入するためのパラメータ{lpurl}を必ず含めてください。{lpurl}の後ろにトラッキング用のパラメータを追加することができます。トラッキングURLは、アカウント、キャンペーン、広告グループ、広告、キーワード、クイックリンクオプションに設定できます。

トラッキングURLの中にカスタムパラメータの{_●●}を設定する必要があります。また複数のパラメータがある場合は「&」を使って繋げます。

カスタムパラメータ
トラッキングURLに追加する変数としてカスタムパラメータを追加していくことが可能です。トラッキングURLのパラメータ部分に{_●●}とすることで、カスタムパラメータで「{_●●}=■■」と設定した■■が トラッキングURLに含まれるようになります。

カスタムパラメータは[追加]をクリックすることで増やすことができます。

例えば最終URL、トラッキングURL、カスタムパラメータを以下のように設定します。

(最終URLの例)  http://hakkinnoyoake.co.jp/
(トラッキングURLの例)  {lpurl}&utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign={_campaign}&utm_term={keyword}
(カスタムパラメータの例)  {_campaign}=mahorovacation

上記の設定で、スポンサードサーチに登録してあるキーワード「mcz」に引っかかって表示された広告をクリックした際のURLが以下のものになります。

http://hakkinnoyoake.co.jp/&utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=mahorovacation&utm_term=mcz

トラッキングURLは有効に使う

URLの表示はトラッキングURLが設定されている場合はこちらが配信されます。またキャンペーンレベルと広告レベルなど2つ以上のトラッキングURLがある場合、下層にあるトラッキングURLが配信されます。
また、アカウント、キャンペーン、広告グループにトラッキングURLを設定した場合、紐づくクイックリンクオプションにトラッキングURLがなければこちらが配信されます。

トラッキングURLにパラメータを設定することで、スポンサードサーチ経由のトラフィックを把握することができます。正確なアクセス解析だけでなく、効果的なマーケティングのためにもトラッキングを正しくできるようにした方が良いでしょう。

About ash-d 38 Articles
広告代理店や飲食業を経てECへ。その後ウキウキワクワクしながら独立、フリーでアクセス解析やリスティング広告運用代行、ホームページ制作もはじめました。 小さい子供の相手をしながら、いろいろなことをマーケティング(特にツール系の)備忘録でまとめます。 最近はスーパードラマチャンネルやFOXのドラマにどハマり中で、「Scorpion」「Walking Dead」が面白いです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*