ローカルキャンペーンを使って簡単に実店舗へ集客する方法

  • 9
  •  
  •  
  •  
  •  

ローカルビジネスを展開していると近隣の人たちにいかに認知してもらうかが重要であり、その認知を獲得するためにSNSで情報を発信したり位置情報を活用した広告を使ったりとしていることでしょう。Google広告ではローカルビジネスの広告に特化したローカルキャンペーンがあり、既にローンチされています。店舗に集客したい人向けのキャンペーンなので活用しない手はありません。今回はこのローカルキャンペーンの活用をご説明します。

ローカルキャンペーンとは

ローカルキャンペーンとは、スマートフォンでユーザーが店舗を訪問するかを決定する際に必要なビジネスの情報を提供できる広告です。これまでGoogle広告では広告主のGoogleマイビジネスとユーザーの位置情報やローカル検索をマッチさせて広告を展開していましたが、このローカルキャンペーンを使うことで一つの設定でGoogle検索ネットワーク、マップ、YouTube、GoogleディスプレイネットワークといったGoogleサービスで店舗を簡単に宣伝できます。

広告の設定が簡略化されたことで、これまでローカル検索広告しか使っていない方がディスプレイ広告にも同じ地域設定で広告を表示させることができるのでなかなか踏み出せなかった潜在層への認知獲得のアプローチも容易になります。

ローカルキャンペーンの掲載先

ローカルキャンペーンでは広告の掲載先がいくつかあり、その広告枠に合わせて広告が組み換えられて表示されます。広告の表示先は以下の通りです。

Google検索ネットワーク

検索ネットワーク
通常の検索広告と同様、ユーザーの検索語句と広告主のビジネス情報や店舗に関連する情報がマッチすればSERP(検索結果ページ)の広告枠に広告が表示されます。通常の検索広告のように表示されるのでなく、SERP内のフィードにマップやマイビジネスが表示されることで広告が表示されます。そのため通常の検索広告のように検索キーワードを考えて設定する必要がありません

googleマップ

マップ
Googleマップではユーザーが同業の店舗を検索したり、店舗のある地域を探索したりすると広告主の店舗とマッチングをします。その結果、店舗の近くにいるユーザーや広告主の店舗がある地域に興味を示しているユーザーに広告を表示することができます。
このマップでの利点は同業者名で検索が発生してっもマップ上に広告が表示されるので競争力が高い店舗ほど効果が期待できます。

Youtube

Youtube
Youtubeで動画広告として配信されます。通常の動画広告と違い、関連性が高いところへ広告を表示させるためにキーワードを指定する必要はなく、あくまでもGoogleが店舗へ来店する可能性の高いと判断するユーザーに対して動画広告が表示されます。

Googleディスプレイネットワーク

ディスプレイ
ウェブページ内にある広告枠に表示されます。ただ通常のディスプレイ広告と違い、最適化されることで最も関連性が高い場所に表示されます。

ローカルキャンペーンの特徴

まず一番の特徴はデバイスです。このローカルキャンペーンではスマートフォンに最適化されて配信されます。ファインドキャンペーン同様、モバイルユーザーが増えたこでエンゲージが発生しやすいことからローカルキャンペーンもモバイル向けとなっています。

入札は「コンバージョンの最大化」のみでGoogleの学習機能により自動入札が行われます。コンバージョン最大化の元となるコンバージョンは「実店舗への来店」「通話クリック」「ルート検索」の3パターンが記録されます。ただ「実店舗への来店」、いわゆる来店コンバージョンは要件があり、十分なデータがないと計測できないため実際に使うのは通話クリックとルート検索の2つと思って良いでしょう。

ローカルキャンペーンの始め方

ローカルキャンペーンは他の広告同様、キャンペーンを作成するところで選ぶことが可能です。
キャンペーン選択
「来店数と店舗売り上げの向上」もしくは「目標を指定せずキャンペーンを作成する」を選択することでローカルキャンペーンを選ぶことができます。

キャンペーンタイプ ローカル
次にGoogleマイビジネスかアフィリエイトの住所を選択します。多くの人がマイビジネスを使うことになると思いますが、Googleアカウントとマイビジネスを連携させる必要があります。またアフィリエイトの住所とはチェーン店で小売をする場合に使う広告表示オプションであり、よく見かけるアフィリエイト広告とは全く異なります。このようにローカルキャンペーンは実店舗の住所が必要です。

もし店舗で販売する商品の在庫を表たローカル商品フィードがあるのであれば、キャンペーンにフィードを紐づけることができます。紐づけることでローカルキャンペーンでの広告に商品の在庫状況が反映されます。
ローカル商品フィード
ローカル商品フィードはGoogle広告のビジネスデータフィードにアップロードするか、マーチャントセンターにローカル商品フィードを作成する必要があります。

キャンペーンを設定すると次は広告グループとそのグループの広告アセットを作る必要があります。
広告グループとアセット
広告アセットとは広告を形成する要素群を表し、一つのアセットには一つの最終URLとパス、最大五つの広告見出し・説明文・行動を促すフレーズ、最大20個の画像と動画を登録することができます。ただアセットの登録には最低1個のロゴと10秒以上の動画が必須となっています。特に動画に関しては制作していない方も多いのでローカルキャンペーンを始める前に準備をしなくてはいけません。また動画はYoutubeに上げておく必要があり、広告アカウントとYoutubeチャンネルをリンクさせておく必要があります。

登録したアセットをGoogleが組み合わせて機械学習をしていき最適な組み合わせで広告を表示させます。そのため見出しや画像などは一つではなく複数個登録することが望ましいです。

まとめ

これまでGoogleは住所表示オプション、つまりマイビジネスの情報を絡めた検索広告とディスプレイ広告でローカルビジネスにも広告を使わせてきましたが、ローカルキャンペーンをローンチしたことでより効率的にローカルビジネスで広告を展開することが可能になりました。検索広告ではキーワードの設定・除外があり、ディスプレイ広告ではプレースメント、Youtubeでもチャンネルを考えたりと運用やメンテにかかる時間が多かったのですが、ローカルキャンペーンではマイビジネスとつなげる、広告アセットを登録することで負担が激減しています。

ただキーワード設定がないということは検索時の判断を全てGoogleに委ねることになりますし、元となるマイビジネスでの最適化が重要になります。MEOの成果が広告にも大きく関わると考えられます。

ローカルビジネスで実店舗への集客がままならない、広告の手間隙を減らしたいのであれば、動画とか必要になりますがローカルキャンペーンを始めてみても面白いでしょう。

<この記事のポイント>

・ローカルキャンペーンはローカルビジネスに特化した広告を効果的に展開できる。

・キャンペーン作成時にはマイビジネスやアフィリエイト住所オプションが必要。

・ローカル商品フィードを使えば店舗の在庫状況を広告で表示することも可能。

・広告アセットにロゴと動画が必須。キャンペーン制作前に準備が必要。

About Daigo Hirano 52 Articles
広告代理店や飲食業を経てECへ。熊本を根城にしてウェブ解析やウェブ広告の運用代行、SEOコンサルタントなどウェブ集客に特化した広告代理店をはじめました。 ウェブ広告はGoogle広告、Yahoo広告などのリスティング広告のほか、Facebook広告などSNS広告も行っております。 熊本・福岡・東京を中心に、大手代理店にお願いできない中小企業にスキルと知識を用いて集客支援をしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*