iOS Safari11のITPにアドワーズのタグを対応させる

  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

2017年10月にAppleより発表があったITP(Intelligent Trafic Prevention)。これは今後ウェブ広告に大きな影響を与えるものとなりました。
特に自社サイトへのアクセスするデバイスの種類でiPhoneが多かった場合、広告を使ったマーケティングプロモーションに大きく関わって来るでしょう。
今回、このITPに対応するためAdwordsよりアナウンスのあった設定内容のご説明です。




ITPとは

ITPとはAppleが発表したiOS Safari11にてサードパーティーのcookieによるトラッキングを防止する機能のことです。

サイトのドメインによるcookieがファーストパーティーのcookieとなり、サイトに含まれる別企業などのタグのcookie情報がサードパーティーのcookieにあたります。

つまり、すべてのインターネット広告はサードパーティーのサービスになるため、今後Safariでは広告配信や計測に大きな影響が出てきます。

ITPによる影響

ITP下においてはcookieの保持期間が極端に短くなっています。そのため、広告経由でサイトに訪問したものの購入は2日後になったりするとコンバージョンが計測されません。また、cookieの保持期間でセグメントしたリマーケティングも行うことはできません。

現在、SafariだけではあるもののiPhoneのデフォルトのブラウザがSafariであることから、GDNやCRETIOなどのディスプレイ広告への影響は出てくると思われます。

AdwordsによるITP対応方法

GoogleはAppleのITP発表を受けて、AdWordsで3パターンの対処方法を発表しています。

Google Inside AdWords参照(要英訳)

グローバルサイトタグを全ページに設置して置くことで対応します。

その1・サイト全体にグローバルサイトタグ(gtag.js)を設置する

AdWordsが発行するグローバルサイトタグを設置し、コンバージョンページにのみイベントを測定する方法です。

1・Adwordsの管理画面右上の(スパナマーク)から「コンバージョン」を選択します。

2・該当するコンバージョンアクションを選択します。

3・「タグを設定する」を開きます。

gtag

4・出てきた「グローバルサイトタグ」をすべてのページの<head>~</head>に設置します。

イベント

5・コンバージョンを集計するためのスニペットをコンバージョンを計測するページの<body>~</body>内に設置します。

その2・GoogleアナリティクスアカウントとAdWordsアカウントをリンクする

Googleアナリティクスを使用して、エンゲージの計測をしている場合にできる方法です。

この方法ではサイトのドメインに設定されたGoogleアナリティクスCookieに、広告クリックのGCLID(Google クリック ID)が保存されます。アカウントとタグが正しく設定されていれば、AdWordsコンバージョントラッキングタグはこのGoogleアナリティクスCookieのGCLIDを使用できるようになります。

コンバージョンの計測を行う場合は「自動タグ設定」だけではなく、アナリティクの目標からのコンバージョン設定まで行う必要があります。

1・アドワーズのアカウント設定で「自動タグ設定」にチェックを入れ有効にします。
チェックを入れることでクリック情報にURLのパラメータが含まれるようになります。

2・コンバージョンに計測したい内容(到達ページなど)で、Googleアナリティクスのビューに「目標」の設定を行う。

3・Adwordsの管理画面右上の(スパナマーク)から「コンバージョン」を選択します。

4・新規にコンバージョンアクションを作成するため「+」をクリックします。

コンバージョン作成

5・「インポート」を選択し、インポートするコンバージョンで「Googleアナリティクス」を選択します。

6・青い「続行」をクリックします。

ビュー選択

7・コンバージョンに設定したいビューと目標を選択する。

青い「インポートして続行」をクリックします。

青い「完了」をクリックします。

その3・Googleタグマネージャを使用する

Googleタグマネージャ(GTM)を使用している場合は、ページの変更などなく「コンバージョンリンカー」を設定するだけでOKです。

ランディングページのURLに含まれる広告クリック情報が自動的に検出され、その情報がドメインのファーストパーティのCookieに保存されます。

1・GTMのタグ管理画面で赤い「新規」をクリックします。

2・名前を「コンバージョンリンカー」として、タグタイプからおすすめの「コンバージョンリンカー」を選択します。他の設定は一切不要です。

3・トリガーは「All Page」を選択します。

4・右上の青い「保存」をクリックします。

今回、Adwordsの対応でしたが、他の広告もすべて同じ問題を持っています。ヤフープロモーション広告は影響はないようですが、DSP広告など影響を受ける場合があるので各広告サービスに確認すると良いでしょう。

Adwordsは2018年7月にGoogleマーケティングプラットフォームへの動きに合わせて名称をグーグル広告に変更しました。




About ash-d 38 Articles
広告代理店や飲食業を経てECへ。その後ウキウキワクワクしながら独立、フリーでアクセス解析やリスティング広告運用代行、ホームページ制作もはじめました。 小さい子供の相手をしながら、いろいろなことをマーケティング(特にツール系の)備忘録でまとめます。 最近はスーパードラマチャンネルやFOXのドラマにどハマり中で、「Scorpion」「Walking Dead」が面白いです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*